切支丹洞窟礼拝堂(キリシタン洞窟礼拝堂)

城下町・竹田エリア

観光施設

武家屋敷のある殿町の谷あいに残された切支丹洞窟礼拝堂跡です。岩盤に掘り込んだ内部はドーム状の祭壇になっています。前面には5つの窓と屋根部分がくりぬかれていて洞窟礼拝堂を彷彿とさせます。その前に礼拝のスペースが木造であったものと思われます。隣には司祭が住んだとされる洞窟があります。戦国時代末期の岡城主志賀親次は熱心な切支丹だったので、竹田や朽網に多くの切支丹が住んでいたとされています。

住所
878-0013大分県竹田市殿町
エリア
城下町・竹田エリア
ジャンル
観光施設