円通閣 (Entsu-Kaku)

城下町・竹田エリア

歴史・史跡・神社

愛染堂と同じ敷地にある旧大勝院の山門。岡藩八代藩主中川久貞(なかがわひささだ)が天明4(1784)年に江戸から招いた儒学者唐橋君山のために造りました。中国蘇州の寒山寺楼門を模したとされる中華風の楼門です(現在、修理中)。 唐橋君山は藩校由学館の教授。田能村竹田らが集い書画や詩作を学んだ岡藩の文化発祥の地です。君山はこの地で亡くなり寺域にお墓があります。
※お寺の行事の妨げにならないよう拝観してください。

Entsu-Kaku
Entsu-Kaku is the Chinese style two-storied gate built in the middle of the Edo period. (1784)
It is said that Entsu-Kaku was built to imitate the Hanshansi temple in Suzhou China.
http://www.hanshansi.org/
In addition, this building was once used as the meeting place of a poet and a man of letters including “Karahashi Kunzan”, a classic Chinese scholar and an editor of “Bungo-Kokushi” which is the history of Bungo province (Oita prefecture).
Tanomura Chikuden, a Literati painter and a founder of Bungo Nan-ga, was the pupil of Karahashi Kunzan.

住所
878-0013大分県竹田市大字竹田寺町
料金
無料
Free of charge
駐車場
なし
エリア
城下町・竹田エリア
ジャンル
歴史・史跡・神社