明正井路第一拱石橋【六連水路橋】

城下町・竹田エリア

自然・公園

名水

歴史・史跡・神社

高千穂へと通じる県道にかかる日本最大規模の6連石造アーチ橋。美しい6つのアーチが山裾の川から車道までを跨いでかかる堂々とした姿が印象的。
連数(6連)、橋の長さ共に日本一を誇る石橋水路橋で現在も水路には水を湛えている。
松本清張の『詩城の旅びと』では「ローマの遺跡を思わせる」という一説がある。
正式名称は明正井路第一拱石橋(めいせいいろだいいっこうせっきょう)
■竣工1919年(大正8年)
■土木学会選奨土木遺産
■橋長 78m

住所
878-0011 大分県竹田市大字門田
駐車場
あり
エリア
城下町・竹田エリア
ジャンル
自然・公園,名水,歴史・史跡・神社