6/30 城原八幡社大祓式~形代流しと茅の輪くぐり~

城下町・竹田エリア

城原八幡社にて毎年恒例の「茅の輪くぐり神事」が6月30日に行われます。
こちらの神事は一般参加が可能です。
神事:
午後2時~3時
----------
大祓式(おおはらえしき)
城原八幡社の拝殿前にて大祓式と共に形代流しと茅の輪くぐりが行われます。
大祓は、1年の半分にあたる6月の最終日に様々な罪穢れを払う浄化の行事。
夏越の大祓とも呼ばれます。

本殿で大祓式が行われ、罪穢れが人型の形代に乗り移るよう念を込め、そして息を吹きかけます。その後、その形代を神社境内の井路に流します。
流れていく形代を見送った後、神官を先頭に茅の輪を三回くぐります。

茅の輪くぐりとは、茅(ちがや)というイネ科の植物で編んだ直径数メートルの輪をくぐり、心身を清めて災厄を祓い、無病息災を願う行事。
この輪をくぐると、流行する病にかからず無事に過ごすことができると言われています。